RIZE WEBネットワーク決済

RIZE WEBネットワーク決済
Eコマース・サーバー連結仕様決済サービス

貴店のウエブサイトでのショッピングから連動し、クレジットカード決済入力ページにお客様をごあんないするEコマースのスキームです。RIZEのこのWEBダイレクト決済では、貴店名やブランド名、オリジナルのデザインのもとに入力から決済確定までのフローを展開出来る方式を採用! ネームバリューの拡大をお手伝いいたします!

所定のページフローと仕様に基づいて、クレジットカード決済フォームをデザインいただくことが可能です。
貴店のウエブサイトとRIZEのサーバー同士を接続し、貴店サーバーから送られるお客様ご入力のクレジットカード決済情報に対し、RIZEサーバーから決済処理結果をリターンする仕組みです。貴店のお名前またはブランド名などをもとにクレジットカード決済のページフローは独自のデザインを作成いただけるため、ウエブサイトの全体的なカラーリングや構成においての一貫性を重要視される場合にお勧めです。

※1)支払確認書はお客様がご登録されたメールアドレスへ自動的に配信される機能を設定していただきます。
※2)本方式においてはクレジットカード情報の通信をおこなうため、固定IPアドレスとSSL通信を必須とします。
※3)WEBダイレクトによる全てのクレジットカード決済ログは、「RIZEゲートウエイ」にてインタイムにご確認いただけます。

タブレット用決済処理機能

営業担当者はいつでもどこでも、お手持ちのタブレットからログイン!! 
コンプライアンスを重視した、シンプルで簡単なクレジットカード決済処理スキームの登場です。

決済管理統合システムからゲートウエイ決済(クレジットカード決済処理)機能だけを取り出し、お手持ちのパソコンはもちろんのこと、アイパッドやタブレットでその機能のみを活用出来るのが、この「タブレット決済」です。

ゲートウエイ決済機能を含めた決済管理統合システムが、責任者・管理者向けの「加盟店管理画面」とも呼称するように、貴店の重要な登録や契約情報、個人情報を閲覧出来るだけでなく、変更することが可能です。ゆえに、複数の営業担当の方々がそれぞれに加盟店管理画面にアクセスされることは情報管理に関するコンプライアンスへの不準拠に成りかねません。従って、一店舗内または見本市などのイベントや出張先等において、同時に複数の営業担当者が個々に消費者からクレジットカードでの支払いを受け付ける体制においては、アイフォーン端末を利用する「スマートフォン決済」がお勧めである一方、アイパッドやタブレット類を利用されて来られた従来の仕様を重視されたい場合にお勧めするのが、「タブレット決済」なのです。

①決済処理機能、②決済ログの閲覧、③返金処理機能 の3機能をシンプルに簡単にご利用いただけるよう設計しており、決済処理では「マックス課金機能」も搭載されています。お客様のカード与信額が請求額に不足している場合でも、選択されることによって「マックス課金機能」※2)が起動して与信額内の金額を決済することが可能です。残額は他のクレジットカードまたは現金等でのお支払を該当のお客様へごあんないいただくことで、最終的に満額での回収が出来、売り上げられるチャンスを確実なものにできます。

※1)タブレット決済を利用された場合の売上伝票は、クレジットカード決済統合管理システムより印刷出来ます。
※2)マックス課金機能のご利用は貴店のご判断に従います。

RIZEスマートフォン決済

アイフォーン決済アプリケーション

宅配先で! 移動販売で! 出張サービスで! イベントや見本市で!!
「どこでも」「いつでも」お手持ちのアイフォーンからRIZEのアプリケーションにアクセス! 
シンプルで最高速、そして業界最高の精度を誇るクレジットカード決済機能をご利用ください!!

RIZEが開発したアプリケーションをお手持ちのアイフォーンにダウンロード。業界最高の安定性を実現した専用カードリーダーでお客様のクレジットカード情報を瞬時に入力。最高速の課金処理機能を実現いたしました。

※1)お客様からのご署名はアイフォーンの画面におこなっていただきます。
※2)ご請求確認書は自動的にリンク生成され、お客様の携帯番号へ送信されます。